スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

東京女子流・・・!?



またまたバンビーノと私めがはまりかけている曲がこの東京女子流の「おんなじキモチ」。私からすれば娘のような女の子達のユニットが歌うリズミカルな曲で、テンポもよくなぜか踊りだしたくなる感じの曲です(笑)。〜といってもこの曲はNHKで放映している「はなかっぱ」という幼児向けアニメのエンディング・テーマ曲なのです(^^♪ そういえば幼稚園の運動会で流していた曲でもあり、世の中のお子様の大半はご存知かと。なので、うちのバンビーノもノリノリで踊っています。45歳のおじさんも踊れそうな気持ちにさせる不思議な曲です(≧∇≦)ノ彡

音楽/CD | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)

英雄・・・doa

バンビーノのお気に入り曲を続けてご紹介します。ジャケットを見た感じはロックなんだろうなと思いますが、そうです正解です(笑)。普通4歳児が好んでチョイスするとは考えづらいのですが、ネタばらしをすると「ウルトラマン・ネクサス」の主題歌です(^^♪ ネットで調べたところウルトラマン・ネクサスは低予算かつ低視聴率の番組で、子供受けも低いながらもシリーズ路線を変更することなく、作品としては評価の高い番組だったそうです。いわば、大人向けのウルトラマンといったところですね。そんあことも気にせず車中や部屋で聞いては一緒に口ずさんでいるバンビーノですが、曲だけ気に入っているので番組はほとんど興味ないようです。

そういう経緯だけにこの主題歌はとても子供向けのものとはいえませんが、ウルトラマン・ネクサスの世界観にはマッチしているようです。なので曲調のせいからか、ウルトラマン主題歌集CDなどには一切入ってません(入っていてもイメージソングに差し替えられています・・・まぁ、発売元の版権がらみでしょうけど)。ボーカルはちょっとB'zっぽく聞こえますが、気になる方はこちらをどうぞ!



音楽/CD | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0)

若菜姫っ!

 

男の子のいるお父さんにはタイトルで分かると思いますが、知らない人は「誰っ?」状態だと思います。うちのバンビーノが仮面ライダーW(ダブル)に興味を持ち始めて約3ヶ月くらいになると思いますが、その劇中に悪役で登場するのがこのジャケットの「若菜姫(飛鳥凛)」です(笑)。興味ない人はすでにここでアウトでしょうね…きっと(^^♪ じつはこの仮面ライダーWを見せられているうちにバンビーノ同様私も感染したというのが情けない結果でして・・・。親子共々「若菜姫」に夢中となり、二人でCD聞いては口ずさんでいます(爆)。とても他人には見せられない光景ですw。劇中でも主人公の二人が「若菜姫」にはまって踊っているシーンなんかもあって、子供と笑ってみてます。さて、いつまでこブームが続くか・・・!?

音楽/CD | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0)

子供から影響されること…



ここ最近子供から影響されることがあるんだと感じることがあります。子供が熱中することを親がサポートしている光景(野球やサッカー、習い事等々)を若い頃からみて感じてきましたが、それが違った形で自分に当てはまっているんだなぁ〜と実感しています。

以前、うちのバンビーノがマイケル・ジャクソンを好き好きになったことを書きましたが、最初はYouTubeで一緒にマイケルの曲を聞いておりました。するとだんだんエスカレートしてDVDで見たくなったことは自然の成り行きでした。かといって自分自身が熱中するほど好きというわけでもなく、子供にせがまれて見聞きしていた程度です。そんな中、やはり感性に訴える曲は結構多く自然と好きになる曲が出てきてしまうわけです。それが “Heal The World” です。まさか子供から影響を受けてマイケルの曲が好きになるとは夢にも思わず…。でも曲の素晴らしさにはかなわず、今では完全にフェイバリット・ソングのひとつとなっちゃいました。“Heal The World” ・・・マイケルが世界平和を唱えた曲でもあり、その原点ともいえる “We Are The World” に通じるものがあります。聞いているとヒーリング効果があり癒されます。

JUGEMテーマ:我こそ親バカ*集合〜!! 

音楽/CD | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0)

NIAGARA SONG BOOK

9月に入って暑さは衰えず(悲しいことにすでに慣れてしまってる…)、世間では残暑ならぬ「残酷暑」なんて笑えない駄じゃれも出てしまう始末。仙台の夜はやっと寝苦しいのが解消しつつあります。さて、きょうは特になんでもない独り言です。
〜今年の暑い夏は、車中でさわやかなヒーリング・ミュージックに浸って乗り切ることができました。すでに発売から28年(購入当時は高校2年)が過ぎてますが、大好きなナイアガラサウンドのインスト集 “Niagara Song Book” です。今年もどうもありがとう〜そして来年もよろしく!




音楽/CD | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0)

フィル・スペクター



久しぶりに音楽関連の本を買いました。ここ数年は育児本やビジネス書に偏っていただけに、今回は久々にはまって読破してみようと購入にいたりました。〜おそらくブログを見ている方々は「誰っ?」て感じでしょうけど、早く言えば1960年代に一世風靡した音楽プロデューサーです。賛否両論はあったもののばらばらだったビートルズを説得して「Let it be」のリリースにこぎつけた快挙(?)は今となっては評価されてもいいのではないかと思います。私は一番輝いていた頃の「Be My Baby」あたりや「クリスマスアルバム」(今でも世界最高のクリスマスアルバムだと私は思っている!)の頃が大好きです。

【レビュー・・・奇人、変人、才人、天才、そして現在は被告人として収監中の「伝説の人」フィル・スペクター。その謎に満ちた歩みを、数々の交友関係者の証言、音楽的功績 に言及した文献、多数のヒット・レコード、そして彼自身へのインタビューを交えて辿り、過去、現在、未来に於ける偉大な「スペクター音楽」を探究した一 冊。】

・・・これで秋の夜長を楽しめそうですが、まだまだ熱帯夜なので読破するまで時間がかかりそうですね(笑)。興味ある方は長年お世話になっているこちらのサイトを除いてみてください。

音楽/CD | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0)

もっぱら・・・

アンダース&ポンシア

・・・こればっかり147のなかで聞いています(知らない方は無視していただいてOK〜独り言です)。ピーターアンダースとヴィニポンシアはソングライターで曲の提供も多く、自ら歌ってグループ結成し活動を行っておりました(過去形)。1960年〜70年代に活躍(とは言ってもマイナー路線)しておりました。画像のCDは2枚組みで90年代に発売されたものです、今ではリマスター版の紙ジャケットなども発売されておりなんとも嬉しい環境です(決して売れてないと思いますが)。個人的にはビートルズの「Hold Me Tight」をカバーしたザ・トレジャーズ名義の曲がお気に入り(あきらかにオリジナルを超えたアレンジと歌唱法が素晴らしい)!当時のキャロルキングやバリーマンなどの楽曲にはヒットという枠では叶わないものの、とても味わい深い曲が多くていまだに離れられません(ここはALFAと同じか?)。大滝詠一のルーツ探しといわれても仕方ないんですが・・・。どちらかというと147よりジュリアの車内で聞くのが年代が一致するので雰囲気もマッチします。

音楽/CD | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)

A LONG VACATION!

ロンバケ

今年の3月21日で27年目を迎えた大滝詠一先生のロン・バケ。やはり今年も思いっきり聞けないうちに夏が終わってしまった・・・(悲)。まぁ、ジャケットのイメージが先行してサマー・クラシックアルバムとなった経緯があるものの夏向けの曲は数曲程度である。いまさらこんなことをいっても始まらないが、このアルバムを聞くたびに高校時代の楽しい思い出がよみがえる。おそらく今後一生付き合いがあると思うし、このアルバム抜きの人生はありえないと言える(すでに四半世紀が経過したし・・・)。そんな独り言でした!

音楽/CD | 00:45 | comments(1) | trackbacks(2)

俺たちの明日



「さぁ、がんばろうぜぇ〜っ・・・」というカ歌詞で始まるこのエレカシの新曲「俺たちの明日」。2月下旬から毎回休みのたびに行っている(自宅新築に伴い)実家の片付け作業に行き来する車中で流しては自分自身に励ましをかけております(^o^)丿 仕事の疲れとプライベートでの疲れとダブルパンチのここ1ヶ月は、ストレス発散もできず悶々としてしまうので何かしらの処方がないと倒れそうです(悲)。そこで「ウコン」のCMで流れていたこの曲からパワーをもらい何とかやっています。自然と力がわいてくるというか、励まされるというか、助かってます。バンビーノも車中で毎回流しているので覚えたようで、TVCMで流れるたびに反応してます。さぁ、あともう少しだ、がんばっていこう!

音楽/CD | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0)

♪あの鐘を鳴らすのはあなた



■ここ最近頻繁に流れるジョージアのCMを耳にした方も多いと思いますが、このCMで流れる「あの鐘を鳴らすのはあなた」が昔から好きなんです。 そう、この歌は和田アキ子が紅白歌合戦で必ず歌ってますね。年末の紅白で聞いているとなんか惹かれて聞いてしまい「いい曲だなぁ〜」なんて思う程度でしたが、今回のジョージアのCMを見てかなり気に入ったようです。CMもなんか希望を抱かせるようなつくりでいい雰囲気に仕上がっていますね。気になってこの曲を調べてみたら昭和47年3月のリリースで、作詞:阿久悠/作曲:森田公一という名コンビでした(当時わたしは小学校1年生だったわけです)。

曲をカバーしているのが「サンボマスター」というロックグループ。個人的にはあまり好きではないのですが、本がいい曲なのでCMには耳を傾けてしまう私です(what's love? というバンドもクレイジケンバンドの横山剣と一緒にカバーしてますね)。

[ 追伸 ]オリジナルの視聴をしてみたらR&Bアレンジになっているじゃないですか。R&B = 和田アキ子 なるほど!和製R&Bの立役者だったわけですか。いささかモータウンっぽいアレンジが面白いですね。

音楽/CD | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0)