スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

見てきましたよ〜!


7/30より全国ロードショーの「カーズ2」を家族で鑑賞して来ました(^o^)丿 バンビーノは数日前から心待ちにしていたので、朝からハイテンションでした(笑)。昨年「トイストーリー3」を3D鑑賞した経緯もあり今年は2Dでのノーマル鑑賞です(3Dメガネをかけての鑑賞は苦手です…)。前作と比較するとかなりストーリー展開が早くて(とても面白いのですが…)5歳児にとってストーリーを把握するにはちょっと難しいかもしれませんが、単純にキャラクターを見ている分には申し分ないと思われます。ムードメーカーで脇役の「メーター」の存在は欠かせませんね(^^♪ そんあこんなで1時間30分はあっという間に過ぎてしまいましたが、個人的にエンドロールのセンスの良さに感心しきり…。パフュームの曲がかかったことにも驚きでしたが、なんかエンドロールに合ってないのが残念でした。

映画鑑賞券はあらかじめ前売り券をゲットしていたので出費は抑えられましたが、まさか鑑賞前にあんな落とし穴があるとは思いもよりませんでした…?なぜって、それは入場前にお約束のポップコーンとドリンクを購入するわけですが、そこには必ず子供がほしくなるであろうと思われる主人公「マックイーン」と「メーター」のフィギュアがついたドリンクタンブラーがカウンター中央に鎮座して「買えよ買えよ」とささやいているわけです(T_T) まったく子供の心理と親心を巧みに操られているようで…結局買わされました(笑)。〜だってこれ700円もするんですよ、これ!▼


ただ単にジュースを入れるだけのプラ・タンブラーなのに…500mlしか入らないのにねぇ〜。

映画/テレビ | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0)

映画鑑賞

今日は久々にバンビーノと一緒に家族で映画鑑賞してまいりやした!先週から冬休みに入ったバンビーノは体力をもてあまして家や外で暴れまくり(笑)。私も繁忙期に入りなかなか休みが取れないこともあって、貴重な休を利用して家族で出かけた先は映画館というわけです。映画は想像つくでしょうが「仮面ライダーW&オーズ」です。前売り券もあらかじめ用意して準備万端で出向きましたが、2時間近くあるというの心して望みましたが結果的には「つらかった」の一言です(笑)。

はじめのパートは仮面ライダーWだったので見慣れておりましたが、後半は仮面ライダー・オーズで免疫がなかっただけになじめませんでした。1時間過ぎたあたりから夫婦でダレはじめましたが、バンビーノは食いついて鑑賞していたようです(さすがです)。やっと鑑賞を終えたあとはお約束のパンフレット購入で締めました。映画の最後に予告があり来年の3月にまた仮面ライダー全員集合みたいなものを上映するようですが、親的に「ずらっ」としておこうかなと考えてます^_^; 次はもっと楽しい映画にしたいです。


▲入場時にもらったライダー・カードもってポーズを決めてますが、集中して鑑賞していただけにちょっと疲れ気味です。

映画/テレビ | 23:46 | comments(1) | trackbacks(0)

アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ・・・

 ■パルテンツァのブログですでに書いちゃいましたが、あらためてこちらでもアップしました。映画『アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ』です。公開は10/8(金)なのであと1ヶ月です。セナが他界してからすでに16年が経ち、なんで今この時期にと思っていました。映画の告知には生誕50周年記念ということなのですが、ファンとしてはもっと早く公開してほしかったという声も聞こえてきそうですね。私の場合16年前だと29歳でしたが、今でもF1中継でみたあの例えようのない光景を思い出します。そんな感慨深い想いを抱いて鑑賞してみたいです。


映画/テレビ | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0)

TOYストーリー3

 今日は私が休みなので「男同士」で出かけてまいりやした(^^♪ 最初は「ヒックとドラゴン」を見る予定でしたが、バンビーノの「TOYストーリー3を見たい」のリクエストで急きょ変更となりました(笑)。バンビーノにとっては映画館デビューでしたが、なんと3D上映ということでお互い3D初体験となりました。映画自体は結構楽しめましたが、3Dは正直3Dグラスをかけてまで見なくてもいいかなと・・・。かけないほうが見やすいというか、結局時間が経つと3Dになれてしまい最初の驚きはなくなります。バンビーノは2時間よく我慢したということでご褒美のプレゼントを買ってあげました。その後二人でヨドバシカメラにウインドウショッピングに行きました(笑)。


☆映画館のたて看板の前で映画のキャラクターたちと記念撮影!

映画/テレビ | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0)

ミュンヘン(2)



昨日、やっと公言どおり映画「MUNICH(ミュンヘン)」を鑑賞してきました!およそ2時間半のあいだ目を釘付けにし、その事件の悲惨さとイスラエルとパレスチナ問題の解決しようのない泥沼化(果たしてこの表現が適切か?)をスクリーンを通して感じておりました。事件の内容が重過ぎるだけに、簡単に興味本位の車ネタだけで見れる映画でもなく、時間が進むにつれて感情が入りすぎてこわばった顔になっている自分がおりました。しかしながら、ここまで説明して本題に移らないというのはひどいので書き留めておきます。〜ミュンヘン・オリンピックの選手村でのテロ事件舞台から、パレスチナのテロリスト首謀者11名を殺害する最初の場所は、イタリアはローマでした。1972年のローマの町並み(といっても撮影場所はローマじゃなくマルタ島です)を背景に、ヌォーヴァスーパーをはじめとし数々のイタリア車がスクリーンを彩ります。ざっと見た感じでも下記に記した車たちが出てきました。

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ 

アルファロメオ:ヌォーヴァ・スーパー、ジュリアスーパー(多分)
ランチア:フルヴィア、フルヴィア・クーペ
フィアット:600、500、124、125、ディーノ・クーペ
他にもアウトビアンキなんかもあったような気が...などなど枚挙にいとまがありませぬ。ちなみにヌーヴァ・スーパーはエンジンを掛けて走り去るシーンで、ちゃんとあのサウンドを醸し出しておりました(ちょっとだけですが)。

映画/テレビ | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0)

映画「ミュンヘン」



2月4日から公開されたスティーブン・スピルバーグ監督の映画 「ミュンヘン」 をご存知でしょうか(すでにTV・CMも頻繁に流されています)。シンドラーのリストやプライベート・ライアンなどに次ぐ、スピルバーグのヒューマンタッチの映画はすでにアカデミー賞・主要5部門にノミネートされており、史実に基づいた作品となっています。

【イントロダクション】 ...1972年9月5日未明。ドイツ、ミュンヘン。オリンピック開催中の選手村に、パレスチナゲリラ「ブラック・セプテンバー(黒い9月)」が浸入。イスラエル人の選手、コーチ、大会役員11人が人質となり、世界中が見つめる中、全員が死亡する事件がおきたる。イスラエル政府は、パレスチナのテロ行為と救出に失敗したドイツ警察をはじめとする各国の対応に激怒。イスラエルのゴルダ・メイア首相は自分達の手で首謀者へ「報復」する事を決意する。やがて5人のスペシャリストが選ばれ、ヨーロッパに点在するテロの首謀者11人を一人ひとり消していく。指示を受けるがまま「正義」と信じた任務を遂行していく彼らであったが、やがて見えない恐怖と狂気の中をさまよっていく・・・「私たちは正しいのか?果たしてこの任務に終わりはあるのだろうか?そして愛する家族との安らぎの日々は待っているのだろうか?」......

非常にシリアスな内容の「ミュンヘン」は、私がいま非常に見たくて仕方ない映画のひとつでもあります。さて、なんでこの話題を取り上げたかというと、この映画の中に紺色の「ヌォーヴァ・スーパー」が登場するんです。予告編でしか確認していませんが、このスペシャリストたちの移動手段として使う車両の1台なんだと思います。実際にあった事件が1972年ですから、その時代に生産されていたFIAT125なんかも出てきます(目を凝らせばもっと見つけられるのかもしれませんね)。車目当てで見る映画でもないんですが、時代背景を感じながら見るのも乙なものではないでしょうかと。ただ、心配なのが、ちょうどトリノオリンピックと重なっているため、映画に触発されてテロなどがないかと心配になります。デンマークの挿絵事件でヨーロッパ中を巻き込んだ事件になっていますし、ほんと物騒ですから。何事もないことを祈るしかありません。

映画/テレビ | 23:15 | comments(4) | trackbacks(0)

SW靴寮茵更團譽ぅ肇轡隋爾離船吋奪・ゲット!



7月9日より公開される「STARWARS Episodeの前売り券が完売したとの情報はいち早く得ていたので、6月25日に行われる先々行レイトショーに絞って席予約を考えていました。そんな中、6月15日からレイトショーの席予約が出来るとの話をかぎつけ、早速うちの奥さんにお願いしてチケット購入をお願いしてゲットしてきました(^^♪。購入したことをあらかじめメールで知らせてもらっていたので、ワクワクしながら家に帰ると、なんとチケット入れまでもらってきたようで、マニア心をくすぐられてしまいます。まぁ、チケットの半券を入れとくだけなんですけどね...(笑)。個人的に、巷で騒がれるようなフィギュアやグッヅなどはあまり興味がないので(収集癖はない)、ただ本棚に入れておくだけなんですが、公開前だけにはやる気持ちを刺激されますね。レイトショーまで、あと10日足らず...今は、旧3部作をうちの奥さんに見せてストーリーの説明をしています(まったくもってバカですねぇ〜)。

映画/テレビ | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0)

エピソード



全米で、すでに公開されて数々の新記録を樹立中のSTAR WARS Episode掘に、ファンは少しでも早い日本公開を待ち望んでいるに違いないはず。もちろん私もそのうちの一人であり、暇さえあれば「早く7月にならないかなぁ〜」とつぶやいている(笑)。すでに書店などでは写真集や小説が発売されていて、ストーリーを把握されているファンも多いはずですが、かたくなにそれを知ろうとせずに、公開日までのワクワク感を保つようがんばっているが(古典的で地味な方法ですけどね)、さすがにサントラだけには弱いため、わき目も振らずに発売日にCDショップへ足を運んでしまった。感想からいえば、聞いてのお楽しみといったとこですが、時代を反映してか、「ミュージカル・ジャーニー」という映像得点のボーナスDVDがおまけでついてくる。これは今までの全作品を編集し、BGVとして作成したものなのですが、今回のエピソード?の映像も入っているという、未公開の国の人間にはまるで蛇の生殺しにも近いもんです(笑)。ますます見たい病が進行してしまうんです!何はともあれあと一月少々でこの映画のシリーズ最終作品が拝めるんです。CG満載と知っているにもかかわらず見たくなるのは、自他共に認める世界最大の娯楽SF映画だからですかね。あぁ〜っ、早くみたい(^^♪。

映画/テレビ | 22:13 | comments(2) | trackbacks(0)

あいくるしい



4月10日(日)の夜9時からはじまったTBS系ドラマ・日曜劇場 あいくるしい は「高校教師」などのドラマで一世風靡した人気脚本家・野島伸司の新作ドラマです。脚本を手がけたドラマ自体は数多く存在しますが、常に「愛」をテーマとした作品を描き多くのファンをつくってきた彼が、今回は家族愛をテーマとした作品を提供してくれています(もちろん私も野島伸司ファンです)。

昨日第1話を見た感じでは、以前の独特な野島ワールドを彷彿とさせるものと、新しい作品感を出そうとする感じが伺えるものとを感じました。正直、ここ4〜5年間の作品は試行錯誤の作品が多くヒット作といえるものは少ない状態でした。「愛」の表現の本質は変わらないのに以前の作品を知る者としては、ヒット作の生まれない状態はなんとも表現しがたい歯がゆいものを感じておりました(決してメジャーさを求めているわけではないのですけど)。そんな感じを持ちながら「あいくるしい」を見ていましたが、肩の力を抜いて鑑賞できるようにさえ感じます。何はともあれ、今後の展開が楽しみな私です。テーマ曲でもある、マイケルジャクソンの ベンのテーマ の選曲も素晴らしい!BGMも長年のコンビである千住明氏が担当しています。

映画/テレビ | 22:44 | comments(0) | trackbacks(1)

はまってしまった!「ごくせん」

よっぽど気に入ったドラマがない限り見ることはないんですけどごくせんにハマッてしまいました(≧∇≦)ノ彡。
第1作目ではドラマをやっているという情報程度しか知りませんでしたが、1月15日(土)から始まった2作目を見たのがはじまりで...すっかり見入ってしまいやした(笑)。標準的なドラマの起承転結を抑えているので非常にテンポが良くて見やすいのもきっかけだったのかも知れません。

早速、翌日に前作をレンタルしようと思い足を運んだのですが、同じ考えの人は多数いらしたみたいで、ビデオとDVDの全てが貸し出されており断念。日を改めてレンタルして2巻ほど借りて毎日笑いながら鑑賞にふけってます(^^♪。もし、見ていない方でお暇でしたら毎週土曜日の9時から日本テレビ系列のチャンネルを覗いてください。主演のヤンクミこと仲間由紀恵のトリックばりの演技がさえてますから。

映画/テレビ | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)